オホーツクとっかりセンターTOP >> とっかりセンター用語辞典

とっかりセンター用語を知ろう

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
はかり 餌用。食べた量を1頭ずつ記録するため、バケツごと魚の重さを計り、あげたあとにもう一度空バケツを計っています。
pup パップと読みあかちゃんのこと。紋別近海では3~4月頃がベビーラッシュ。
繁殖期 交尾・出産・子育てを行う期間。ゴマフアザラシでは毎年3~4月頃です。この時期、雄の間では激しい喧嘩が起こります。
水中で動かし水をかいて泳ぐために使う運動器官。
鰭脚動物 一般的に鰭脚類といわれます。アシカ・アザラシ・オットセイ・セイウチ・トドなど足に水かきがついている動物をいいます。
プール アザラシが入っているプールは屋外に4つ、屋内に10個ある。
鼻の先端とその周辺部分。
ペン とっかりセンターの屋内個室プールのこと。10か所あり、病気のアザラシや保護されてきたアザラシが収容される。
便 アザラシの便は、どんなの?とよく聞かれます。人と何ら変わりありません。体調が悪いと下痢をすることもあります。便は健康状態のバロメーターの一つです。
保護 傷ついた動物を収容し,治療すること。毎年春と秋にアザラシが保護されてきます。春は、親とはぐれたりひとり立ちに失敗した赤ちゃんアザラシ達がやってきます。秋には、定置網に引っかって傷ついたアザラシが保護されてきます。
ホッケ とっかりセンターで使っているメインの餌で、春から秋まで捕れる、北海道でもっともポピュラーな魚の一つ。
保定 アザラシを押さえること。強制給餌やケガ、病気の治療のときはアザラシを押さえて行います。
母乳 鰭脚類の母乳はヒトとはかなり異なります。例えば脂肪分。ヒトの場合は3.5%なのに対し鰭脚類は18.6~54.4%にもなる。人工哺育には海獣用粉ミルクを使用します。
→みるく
ボランティア 学生の実習やボランティアの受け入れも行っています。
ホワイトコート 赤ちゃんの産毛のこと。出会うチャンスはほんのわずか。真っ白い赤ちゃんの毛は約3週間ほどで生え変わってしまいます。
→新生児毛
←な ま→

ゴマちゃんニュース